アトピーの人が上手くどろあわわを使う方法とは

鳥肌状態のザラザラした段階から更に一歩進んだ症状であるアトピー。

 

アトピーって一度発症すると大人の場合は治しづらいのですごく困ります。

 

そして、そんなアトピー体質の人が日々気を遣わなくてはいけないことに、“刺激物を避ける”ということがあります。

 

アトピーは敏感肌になっているのでちょっとの刺激でも肌が過敏に反応してしまうからです。

 

では、そんなアトピー体質の人がどろあわわを使う時にはどんな使い方をすれば良いのでしょうか?

 

早速確認してみましょう。

 

 

【アトピー体質の人がどろあわわを使うのは大丈夫?】

 

まずは、そもそもこのような体質の人がどろあわわを使うことは大丈夫なのでしょうか?

 

実際にアトピーの人がどろあわわを使った口コミから確認してみましょう。

 

以下、いい口コミだけ並べても、ユーザーは信用しません。
必ず、悪い口コミ → いい口コミのようにする

 

 

〇小さいころからアトピーが膝の裏などに出来ていて、痒くてひどい時には肌がぐじゅぐじゅになっている時もありました。

 

洗顔料もいつも何が自分に一番最適なものなのか分からなかったのですが、一度どろあわわを使ってみたら洗顔している時にも全くピリピリしないことが分かり、今はこればかり使っています。

 

〇乾燥肌だと思っていたら、ある日アトピーを発症しました。

 

今まで使っていた洗顔料も合わなくなり、敏感肌の人におすすめする洗顔料を調べた所この洗顔料が出てきたので私も使ってみました。

 

使ってみて驚いたことは、以前よりも明らかに肌の水分量が増えていることです。

 

おかげでアトピーと分からない肌になりました。

 

〇この商品は肌のターンオーバーも正常にしてくれるとのことだったので、私の肌もキレイな肌に変わるかなと思って購入してみました。

 

実際には、まだアトピーは治っていませんが、洗顔をした後は他の洗顔料よりも肌がもっちりしているのでこの調子で使い続ければキレイな肌になりそうです。

 

〇口コミを色々みてみると、どろあわわはアトピー体質の人にも最適だということだったので私も購入してみました。

 

実際に使ってみると洗い上がりはさっぱりしていましたが、化粧水や乳液などをしてすぐに肌に水分を与えてあげれば何も問題なく使えました。

 

肌の色がワントーン明るくなった気がするのでもう少し使い続けようと思います。

 

〇私は極度の敏感肌で肌に合わない洗顔料を使うと数時間後にはすぐにかゆみが出ていました。

 

そのため、絶対に痒くならない保証がある洗顔料しか使っていなかったのですが、今回はどろあわわを使ってみました。

 

どろあわわで痒くなったら前の洗顔料に戻そうと決めて使ってみたら、この洗顔料もかゆみが一切出ませんでした!

 

 

口コミをまとめると、どろあわわはアトピー体質の人に使用しても大丈夫だということが分かりますね。

 

アトピー体質の人がどろあわわを使った感想としては、

 

・洗顔後もピリピリとした刺激がない

 

・水分量がアップした

 

・洗顔後の肌がもっちりしている

 

・保湿をすれば全く問題ない

 

・洗顔後にかゆみを生じることがない

 

 

このような感想を持っている人が多いようです。

 

では、次にアトピー体質の人がこの商品を使う時に安心して使える方法をご紹介いたします。

 

 

【アトピー体質の人がどろあわわを使う時の方法】

 

もちろん、普通にどろあわわを使用しても全く問題はないのですが、極度の敏感肌だという人でも安心して使っていただける方法をご紹介いたします。

 

〇泡立てる時は細かいネットを使う!

 

どろあわわを購入すると付属のネットがついてきますが、口コミではこのネットよりも100均などの網目の細かいネットの方が泡立ちが良いということが分かっています。

 

敏感肌の人はちょっとした刺激でも肌がピリピリしてしまいますので、より一層モコモコの泡が作れる網目を使って、更に細かい泡を作るようにしましょう。

 

 

〇洗顔時は軽く転がすだけ!

 

顔を洗うわけだから、少しは手で優しく顔をこすった方がいいのでは?

 

と思う人もいますが、どろあわわの洗浄効果はとても高く、泡を少し転がすだけで美容泥※1が毛穴の奥にまで入り込んで、しっかりと汚れを吸着してくれます。

 

そのため、洗顔をする時は本当に少しだけ転がす程度で大丈夫です。

 

絶対にこすらないようにしましょう。

 

※1美容泥・・・「沖縄産マリンシルト」と「国産ベンナイト」という泥成分です。

 

沖縄産マリンシルトは高い吸着力とミネラルが豊富に含まれているのが特徴です。

 

国産ベンナイトも高い吸着力と頑固な毛穴の汚れも除去することが特徴です。

 

 

〇洗顔後は十分な保湿

 

アトピー体質の人にとって一番の大敵は乾燥です。

 

乾燥がすすむとどんどん肌にヒビが入りだし、痛みやかゆみが出てきます。

 

どろあわわには保湿成分もしっかりと含まれていますが、洗顔後には十分すぎるくらいの保湿ケアを心がけましょう。

 

特にすぐに保湿をしなくてはいけないのはお風呂上りです。

 

お風呂って、汗を知らない間に大量にかいているのです。

 

例えば、今は寒い季節なので42度のお風呂に15分程浸かったとします。

 

すると体の中の汗は何と800mlの汗をかくのです!

 

そのため、お風呂から上がった後というのはかなり体はカラカラの状態になっていますので、すぐに保湿をすることが大切なのです。

 

 

【どろあわわがアトピーの人にも使える訳】

 

では、最後にどうしてどろあわわはアトピーのような敏感肌の人にも使うことが出来るのかご説明します。

 

どろあわわがアトピー体質でも使える理由は下記の3点になります。

 

 

〇無添加

 

薬局などに売られている洗顔料の成分をよく見てみると、香料や着色料、そして泡立ちに欠かせない界面活性剤が含まれています。

 

どろあわわの成分は、香料や着色料は一切使われていませんし、泡立ちの主成分は泥になりますので界面活性剤についても本当に微量しか入っておりません。

 

そのため、肌を刺激しやすい成分がほとんどゼロに近いのです。

 

 

〇こすらなくても汚れが落ちる

 

どろあわわの泡については、沖縄産マリンシルトという泥と国産ベンナイトという泥で出来ています。

 

この泥はしっかりとした重くてモコモコの泡を作るだけではなく、肌に付着したアレルギー物質や毛穴の汚れに対して、磁石のような働きをして吸着する効果があります。

 

そのため、一生懸命肌をマッサージしながら汚れを落とさなくても泡が自ら汚れを吸着するので、洗顔時の肌の摩擦がほとんどいらないのです。

 

 

〇保湿成分が入っている

 

どろあわわには、「豆乳発酵液」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「黒砂糖エキス」が含まれています。

 

特に豆乳発酵液は肌をしっとりとさせる効果のあるイソフラボンに乳酸菌を入れて発酵させ、更に粒子を細かくした成分になるので角質層の奥深くまで成分を行きわたらせることが出来るのです。

 

そのため、洗い終わった後も肌のつっぱりをあまり感じないのです。

 

 

このような特徴がどろあわわにはありますので、アトピー持ちで洗顔料に悩んでいる人でも使うことが可能なのです。

 

 

【アトピー体質の人が使う時の注意点】

 

しかし、一点注意点があります。

 

どろあわわには、アレルギー物質として豆乳発酵液の「大豆アレルギー」と、パラベン(保存料)の「パラベンアレルギー」があることが分かっています。

 

もしもアレルギー体質でこの二つのアレルギーがある場合には使用は出来ませんので注意しましょう。

 

 

【まとめ】

 

アトピーのような敏感肌の人がどろあわわを使っても大丈夫だということが分かりました。

 

口コミでも、どろあわわを使っていると洗顔後もかゆみや痛みがないという人が多く、水分量も以前よりもアップしたという人がいました。

 

では、このようなアトピー体質の人がどろあわわを上手く使う方法としては、「付属のネットではなく更に細かいネットを使う」「洗顔する時は少しだけ転がして絶対にこすらない」「洗顔後は十分すぎるくらいに保湿をする」ということが挙げられました。

 

しかし、どろあわわについては、大豆アレルギーとパラベンアレルギーがありますので、このアレルギーがある人は使用を控えましょう。