どろあわわを使っても角栓が取れない原因とは

やっかいな角栓除去には、どろあわわはとても有効です。

 

口コミを見ていても、とても効果があったという口コミが沢山あります。

 

しかし、時々、どろあわわを使っていても黒ずみが取れそうにはなるけれど、あと一歩という所で黒ずみが取れないという口コミを見かけます。

 

何だか、取れそうで取れない角栓って、すっごくもどかしいですよね。

 

ここでは、どろあわわを使っても取れそうで取れない原因や除去方法をご紹介いたします。

 

 

【取れそうで取れない!角栓と格闘している口コミ】

 

まずは、どろあわわを使っているけれど、もうちょっとという所で角栓が取れないという口コミはどんな口コミになっているのか見てみましょう。

 

 

〇どろあわわの毛穴除去って確かに高い効果があると思います。

 

吸着力が普通の泡よりも強いと思うのですが、私の場合は角栓が取れそうになるけれどいつもあと少しという所で角栓が取れません。

 

この角栓、どうしたら取れますか?

 

〇小さい子供達と一緒にお風呂に入りながらどろあわわを使っているからか、泡だてに集中できません。

 

そのせいか、口コミのような角栓がするっと取れてしまったということはなく、いつも毛穴の黒ずみが残ったままお風呂から上がります。

 

このバタバタのお風呂はいつまでも続かないとは言え、何か良い方法はないでしょうか?

 

〇どろあわわを使っていると、毛穴が引き締まるのがよく分かります。

 

キュッとした毛穴を見ると、よく毛穴の掃除をしてくれているなと思うのですが、それでもどうしても取り切れない角栓があります。

 

このような角栓も使い続けていくと効果があるのか気になります。

 

 

角栓を取りたいけれど、取れない角栓がある人達の口コミは、このような口コミになっていることが分かりました。

 

皆さん、あと一歩という所まで来ているのに、なかなか最後の角栓が取れなくて困っていますね。

 

角栓があと一歩という所まで来ていると、いっそのこと手で角栓に詰まっている汚れを押し出してしまいたい気分に襲われますが、これをすると更に毛穴が広がってしまうのでNGです。

 

では、毛穴除去に効果の高いどろあわわを使っているのにどうして角栓がきれいに取り切れないのか、次は原因を考えてみましょう。

 

 

【どろあわわでも角栓が取り切れない原因】

 

そもそも、どろあわわはどのようにして角栓を除去してくれるのかというと、「沖縄産マリンシルト」と「国産ベンナイト」という二種類の泥が毛穴の汚れを吸着して外へと排出してくれます。

 

この吸着力は普通の洗顔料よりも効果が高く、一生懸命顔の上でマッサージをしなくても、泡を乗せて軽く転がすだけでかなり毛穴の汚れを除去することが出来ます。

 

では、そんな洗浄力の強いどろあわわを使っても角栓が取れない原因をご紹介いたします。

 

 

〇乾燥肌を放置している

 

毛穴の開きって、肌が乾燥しているとますます開きます。

 

乾燥から毛穴が常に開いた状態のままでいると、汚れが毛穴の中に入りやすくなるので、すぐにまた汚れが溜まってしまうのです。

 

この場合、いたちごっこみたいですごく腹が立ってきますよね。

 

もしも肌の乾燥が原因として考えられる場合は、出来るだけ保湿を心がけたり、いつも使っている化粧水よりも保湿効果の高い化粧品を使ってみましょう。

 

 

〇毎日使用していない

 

また、どろあわわでも角栓が取れない時に考えられる原因としては、使う頻度が少ないということも考えられます。

 

口コミを見てみると、ある程度毛穴がきれいになった人の場合は毎日どろあわわを使っていないという人もいますが、まだ毛穴に汚れが残っていたり、毛穴の開きが目立つという人の場合は、毎日朝と夜に使用することが大切です。

 

どろあわわを使って毛穴が完全にキレイになるには、個人差はあるものの、大体一か月程度で角栓が取れて、三か月程度で毛穴の目立たない肌になると言われています。

 

そのため、まだ汚れが残っているという人は、最低でも一か月〜三か月は毎日使用することを心がけてみましょう。

 

 

【上記二つの原因を対策しても効果がない時】

 

先ほど、毛穴が後一歩で取れないという人の原因とそれに対する改善方法をご紹介しましたが、それでもまだしつこく角栓が残っているという時には、更に二つの方法として、体の内側からケアすることを試してみてください。

 

〇スーパービタミンEを接種する

 

ビタミンEではなくスーパービタミンEって何!?

 

という人も多いかもしれませんね。

 

スーパービタミンEとは、普通のビタミンEよりも抗酸化作用が強い栄養素になります。

 

どうして抗酸化作用が強いと毛穴に効果があるのかというと、毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった汚れが酸化して起こります。

 

そのため、抗酸化作用のある食材を体の中から入れると活性酸素が活発に働くことを抑制してくれるので、毛穴の汚れも少なくなるのです。

 

このスーパービタミンEは、毛穴以外にも血流をよくしたり、肌のたるみやシミにも効果がありますよ。

 

では、どんな食材に含まれているのかというと、ナッツや米ぬか、かぼちゃ、アボカドなど、普段お買い物するスーパーで手に入るものたちばかりに含まれていますので、気にかけながら買い物してみましょう。

 

 

〇睡眠時間を6〜8時間にする
睡眠時間がしっかりと取れていないとホルモンバランスや自立神経が乱れるので、肌のターンオーバーも乱れがちになります。

 

ターンオーバーが乱れると、肌の健康状態も悪くなり、今まで肌が自分の力で汚れを落としていたものまで落とす力がなくなり、どんどん毛穴も詰まり出します。

 

そのため、睡眠はしっかりと取るように心がけましょう。

 

特に、夜の10時〜2時の間は肌のゴールデンタイムと呼ばれているくらい、肌が美肌作る時間になりますのでしっかりと熟睡するようにしましょう。

 

 

【それでもダメな場合の最終手段!】

 

以上のことを心がけても角栓が取れない場合には、最終手段として“毛穴ブラシ”で優しくこすることをおすすめします。

 

毛穴ブラシは、力を入れなくても顔に滑らすようにするだけで、毛穴まで細かい毛が入り込みますので、後一歩という角栓も取ることが出来る筈です。

 

毛穴ブラシを使う時には、毎日使うことは避けましょう。

 

そもそもどろあわわには毛穴を除去する力が高いので、これでもダメな場合の最終手段として、週一から使用するようにしましょう。

 

これはなぜかというと、毛穴ブラシを毎日使っていると、肌が乾燥肌や敏感肌になりやすくなってしまうからです。

 

【どろあわわでも角栓が取れない時のまとめ】

 

多くの人は、どろあわわを使えば角栓を取り除くことが出来ますが、口コミを見ていただいた通り、どろあわわを使ってもあと一歩という所で角栓が取れないと悩んでいる人も実際にはいるということが分かりました。

 

このような人達の原因として考えられることは、「肌が乾燥した状態のままでいる」ことや「毎日継続して使用していない」ことが原因として考えられました。

 

この場合、保湿効果の高い化粧水に変えてみたり、毛穴が目立たなくなるまで毎日使い続ければ効果があります。

 

しかし、これでも効果が今一だという場合には、体の内側から毛穴ケアをしてみましょう。

 

体の内側からの毛穴ケアとしては、「スーパービタミンEを接種する」ことや、「睡眠を6〜8時間取る」という方法がありました。

 

スーパービタミンEについては、ナッツやかぼちゃなどのスーパーで手軽に購入出来る所に売っていますので是非購入してみてくださいね。

 

また、睡眠については、夜10時〜2時の間は肌を美肌へと再生する時間なので必ず質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

 

また、どんな方法を使っても無理だった場合の最終手段としては毛穴ブラシがありました。

 

毛穴ブラシを使用する時には、週一から始めて優しく使うようにしましょう。